家の中では防寒対策のルームウェアを

毎年冬になると部屋用の上着を常備しています。いわゆるルームウェアに当たるものですが、外で着る上着よりも若干防寒性に優れたものを使用しています。

 

我が家では冬でもエアコンは使用していません。暖房器具はもっぱらこたつとファンヒーターのみです。もちろんこたつは『』、ファンヒーターの設定温度も22℃です。
当然、ある程度の広さのある部屋でこの2つでは暖かさとしては不十分です。
そこで部屋着として使用する暖かい上着が必要になります。

 

冬季以外は基本的にルームウェアを使用していませんので、部屋用の上着が唯一のルームウェアと言えるかもしれません。
冬季だけはどうしても部屋の中でもう一枚着ていないと、寒くて動けなくなってしまいます。こたつは足元を暖めるのには最適なのですが、どうしても上半身は冷えてしまいます。
ファンヒーターも近くにいる分には暖かく感じますが、離れてしまうとやはり寒さを感じずにはいられません。
もちろん毎日の家事がある為一か所にじっとしているわけにはいかず、結果的に部屋の中でも寒さを感じずに動けるような部屋着を着るようになったという次第です。

 

最近の冬のルームウェアのお気に入りは、フリースのパーカーです。ふわふわもこもこの手触りでとても暖かく感じられる点がとても気に入っています。
外出時に着る上着は薄手の物が多く、私が所持している上着の中ではこのルームウェア用の上着が最も暖かいという不思議な現象が起きています。

妊婦になって着られるルームウェアについて

妊婦になるとどうしても着こなす服が限られてきますよね?
それで動きやすいジャージかスウェットに落ち着いてしまいがちです。
体型が変わってくると言っても外に出歩くので、おしゃれも当然必要です。
マタニティファッションに限られるよりはルームウェアでおしゃれをするとすごく妊婦を意識することなくできます。

 

ルームウェアはサイズもデザインも豊富で、何よりも外向けのおしゃれ感が全く損なわれないので、妊婦さんも産後のお母さんでもOKです。
特に出産を迎える前から妊娠した時からルームウェアを揃えると自然に着こなせます。

 

まだまだ若いので、ダボダボスウェットスポーツジャージだけの体に負担のない着こなしだけでは残念です。
産後でもせっかく着こなすのならば、いつでもかわいく見られたいおしゃれを目指すならルームウェアがいいでしょう。
ルームウェアはサイズも19号までの5Lなどの大きいサイズでも扱っていておしゃれなものも多いです。

 

また、マタニティ用や着痩せするようにも見えるシルエットを意識させないタイプも多いです。
そのため、産後のお母さんでもおしゃれの可愛らしさを損なわないアイテムが多いので、探すのも全く手間がありません。
マタニティファッションとなると割と価格も値を張るのですが、ルームウェアとなるとその半値も出してもおつりがきますよ。